がんに備えるなら通院特約をつけるべき

がんの通院治療が増えている

昔は、がんは入院治療が主でしたが、治療方法が多様化した今、通院治療でがんと闘うケースが増えているようです。
がんは、定期的に放射線治療をしたり、抗がん剤を打ったりしなければならないことがあり、その場合、治療期間が長期化することがあります。
また、がんの治療には高額な薬や機械を使うことが多いため、保険の給付金がないとかなりの出費になります。

仕事も休まなければならず、病気で心と身体が弱っているときに、治療費の心配もしなければならない…通院治療なのに、入院給付金が出る保険にしか入っていなかったらと思うと、怖いですよね。

がん保険の中には、こういったケースを想定して、あらかじめがん保険自体に通院特約がついていることもあります。
今入っている保険の内容を確認してみましょう。

がんの通院特約の特徴

がんの通院特約は、他の病気や怪我よりも広く保障されていることが多いようです。
がんの通院に使える保障は、大きく3つあります。

まずは「通院給付金」で、これはがんの治療で通院した日数に応じて支払われる給付金です。
多くの場合、他の病気よりも対象となる日数が多くなっています。
保険によっては、無期限で受け取ることができるようです。

次に、「治療給付金」で、放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン剤治療などを行ったときに、支払われる給付金です。
保険によっては、入院しなくても支払われる場合もあります。

続いて、「退院療養給付金」というものもあります。
これは、がんで入院して退院したときに受け取ることができる、退院後の治療に備えるための一時金のことです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP