どのような人が通院特約をつけるべき?

長期の通院が必要な怪我や病気に備えたい人

通院特約は、長期の通院が必要となる怪我や病気に対して、力を発揮できます。
長期通院が必要な病気にかかったことがあるご家族がいらっしゃる方や、身体を使う職業に就いている方は、通院特約をつけると安心です。

特に、がんについては、誰でもがんになる可能性がある上に、治療も長期化することが多いので、がんに備えたい方は通院特約をつけることをおすすめします。
最近のがん保険は通院治療もカバーしていることが多いですが、古い保険に入っていたり、シンプルな保障のみの保険に入っている方は、保険の見直しを検討してみる必要があるかもしれません。

また、がんの通院治療のみが心配な方は、医療全体に通院特約をつけるのではなく、がんに限った通院特約にすることで、月々の保険料を抑えることができます。

まとまった治療費を払うのが困難な人

もし、保険料が0円なら、どんな特約でもつけた方がいいに決まっています。
ですが、月々の保険料がかかるために、私たちはどの保険に入ってどの保障を削るか、ということに頭を悩ませるわけです。
100点満点の完璧な保険プランを組むことは、なかなか難しいものです。

極論を言えば、「高額な医療費を払っても痛くないほどのお金があるから、給付金が支払われる医療保険に入らなくても問題ない」と考える人もいます。
逆に、自分が長期通院をすることになったときに、まとまった医療費を払えない可能性がある場合や、通院特約がつかないことを強く不安に思う場合は、通院特約をつけた方が安心だと思います。
保険料で生活が圧迫されるという場合は別ですが、もしものためのお守り代わりとして、通院特約を検討してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP